今すぐお金を借りたい!!そんな時の強い味方。

今すぐお金を借りたい

 

キャッシング…つまり、お金を借りるとき、手続きなどで時間がかかると思っていませんか?実はそうでもないのです。審査に通れば申込をしたその日のうちにキャッシングを利用することが可能です。
例えば、午前中に申し込みをすれば、すぐに審査が行われ、昼過ぎにはあなたの口座へ振り込んでもらうことになります。申し込んですぐにお金を借りられる即日キャッシングが可能な業者があるのです!

 

人気カードローンの即日申込み方法はコチラ

即日キャッシングできる会社ベスト5はココ!

 

 

レイク

 

最高金利14.6%はやはり魅力的!スペックで選ぶならここ!

 

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックはメガバンクの提供する銀行カードローンでありながら、年1.8%〜14.6%の低金利と最短即日融資も可能なスピードが人気です。メガバンクの名前と好条件から、逆に自分では無理かな?とお考えの方でも実際に申し込んでみたら審査OKだったとの口コミも多いので、是非チャレンジしてみて頂きたいカードです。審査にさえ通ればメインのカードとして絶対におすすめ!

 

レイクの公式ページ

 

 

 

アコム

 

信頼度・知名度がともに抜群のアコム!!

 

アコムと言えば知名度の高い代表的なキャッシング会社。三菱UFJフィナンシャルグループという安心感があり、多くの方に利用されています。利用者からの評判も上々で、インターネットからの申し込みから審査・融資までの流れがスムーズに借り入れできるようです。急な出費を要するときにも即日キャッシングが使えます!

 

アコムの公式ページ

 

 

 

プロミス

 

即日融資も可能で低金利!安心のプロミスで!

 

キャッシング会社の中でもとても高い知名度と信用度を有するSMBCコンシューマーファインナンスのプロミス。初めてキャッシングを利用する方はもちろん、即日でのお借り入れや低金利といった点でも優れたサービスを展開中です(即日振込は平日14時までのWEB契約完了が必要)。4つの商品から目的に合わせて選べたり、キャッシングするにはおすすめです!

 

プロミスの公式ページ

 

 

 

オリックス銀行カードローン

 

すべての条件面で優れているオリックス銀行カードローン!!

 

今までの銀行系カードローンの借り入れ条件よりもすべての面でしのぐのがオリックス銀行カードローンの特長です。借入れ限度額は最大で800万円、年利も3.0〜17.8%と業界トップクラスの水準を持ち合わせています。返済は月々7000円からでき、フリーローンなので使用用途にも制限ありません。

 

オリックス銀行カードローンの公式ページ

 

 

 

 

初めての方でも大手業者だから安心して借り入れできるモビット!!

 

キャッシング業者の信頼性は大手の消費者金融だから安心・安全。1日24時間いつでもどこでもインターネットで申し込みしてその日に融資が可能※。借入れ・引き出しは全国の提携ATMや、パソコン・携帯・電話から自由自在。金利も3.0%〜18.0%と低く、会員専用サービスも充実していてますます便利になっています!
※14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

 

モビットの公式ページ

 

なるべく早く借りるにはこの方法がおすすめ!

インターネットに電話、無人契約機…なるべく早く借りるにはどの方法が良いの?

それぞれのメリットを理解して自分に合った借入方法を

即日融資を受けるにあたって、まずはキャッシング会社に申し込みをしなければなりません。大手を中心として、複数の申し込み方法を用意しています。

 

  • インターネット
  • 無人契約機
  • 電話

 

即日融資を利用する人の中には、なるべく早く現金を確保する必要のあるケースも出てくるでしょう。

 

>>即日申込み前にチェックすべきことについて

 

急ぐなら断然ネット申し込み

上で紹介した申し込みの中でも、最も簡単にできるのはインターネットを使った申し込み方法です。パソコンの他にも最近では、スマホを使った申し込みにも対処しています。自宅やスマホを使うのであれば歩きながらでも手続きを進められる手軽さが人気です。

 

キャッシング会社のホームページにアクセスすると、申し込みフォームのページがあります。こちらに必要な情報を入力して送信すれば、それで手続きは完了です。そしてキャッシング会社の方で審査を実施し、審査結果がメールなどで通知されます。早いと申し込んでから30分くらいで審査結果の通知されることもあります。

 

即日で借りたい

ネット申し込みの場合、審査OKであれば、皆さんの銀行に振込みという形で融資が実行されます。ですから午後3時までに手続きが完了していないと、その日のうちに現金は確保できません。振込の事務処理や審査の時間を考慮すると、即日融資のためにはお昼までに申し込みを済ませておいた方が良いでしょう。

 

ここでは各消費者金融の即日融資の時間を比較してみたので、コレを参考に利用しやすい消費者金融の申込み方法を選びましょう。

 

消費者金融

融資方法

申込方法と時間

バンクイック

カード(ATM)

テレビ窓口(自動契約機)平日20時、土・祝18時、日曜17時

アコム

カード(ATM)

振込融資

カード(ATM):むじんくん(自動契約機)21時

店頭窓口 平日17時

振込融資:電話・ホームページ 平日14時

プロミス

カード(ATM)

振込融資

カード(ATM):自動契約機 22時(一部21時まで)

振込融資:電話・ホームページ 平日14時50分

モビット

カード(ATM)

振込融資

カード(ATM):ローン申込機(自動契約機) 21時

振込融資:電話・ホームページ 平日14時

 

午後3時を過ぎたらもう無理?そんな時は無人契約機

その日のうちにお金が必要になった、しかも昼すぎてから手続きをしなければいけなくなったのであれば、無人契約機を利用する方法もあります。大手のキャッシング会社では日本全国に無人契約機を展開しています。

 

無人契約機のブースに入ると、申し込み用紙があるはずです。そこに必要事項を記入し、端末にスキャンさせます。自動契約機の画面上に次に行うべきことが表示されますから、それに従って手続きを進めます。初心者でもわかりやすいようになっていますが、もしわからなくなった場合には電話がついていて、こちらを使うとスタッフと話をしながら手続きできます。

 

無人契約機の場合も30分から1時間くらいで審査結果が出ます。審査通過であれば、その場でカードが発行され、ATMで手続きをすればお金を借りられます。自動契約機は土日含め、夜9時ごろまで営業しているところが多いです。つまり午後以降お金が必要になったとしても、必要な現金を確保できます。

 

電話申し込みはどう?

電話による申し込みで、当日必要な現金を確保する方法もあります。電話の場合オペレーターが対応してくれ、いろいろと手続にあたって質問してきます。その質問に答える形で申し込みをしていきますから、難しくはありません。

 

電話の申し込みの良いところは、オペレーターと会話できる点です。初めてキャッシングを利用するなど、システムについてわからないことや不安なこともあるかもしれません。そのような時にオペレーターに質問しながら手続きできるため、サービス内容に納得の上で借り入れができます。

 

ただし電話の場合、審査通過して契約をする時には、店舗もしくは無人契約機に出向いて手続きする業者が多いです。郵送による手続きにも対応していますが、これだと即日融資は難しいかもしれません。

 

カードローンの選び方についての詳細はコチラ

 

無人契約機の場合、審査が終了するまでに間、契約機から離れることはできません。もしスムーズに手続きを進めたいのであれば、まずWEBで申し込みをします。そしてメールにて審査結果が届いたら、カードを契約機で受け取る方法があります。これなら審査の間足止めを食らうこともなく、効率的に申し込みができます。以上で紹介した方法の中で、自分に合った申し込み方法を選びましょう。

 

おすすめカードローンの詳細はコチラ

 

便利な即日キャッシングはここに気をつけよう!

急にやってくるお金が必要なとき・・・そんな時には即日キャッシングが便利ですがどのような点に注意したら良いのかをちょっと考えてみましょう。

 

即日キャッシングが必要になる状況というのは、たいてい切羽詰まっていますよね。

 

そこで問題なのがまず一つ目、「申込時の記入ミス」。

 

焦って記入をしたために、住所や電話番号の記入を間違ってしまう……なんてことがあれば、確認のために審査が長引いたり、もしくは審査に通らなかったり、という事態になってしまいます。申込内容は記入漏れやミスがないように、丁寧に記入し、きちんと確認を行いましょう。

 

二つ目は、テキトーにキャッシングの会社を選んでしまうこと。会社によって、貸付利率や返済方法は違います。特に貸付利率は、焦って高いところを選んでしまうと損ですよね。ちゃんと、比較サイトなどで吟味する必要があります。

 

また、申込はネットで出来ても、店舗や無人契約機に行って契約を締結させなければならない場合もあると思います。この場合、あなたが行ける範囲に店舗が無いとだめですよね。最寄りの店舗の場所も把握しておいた方が良いと思います。

消費者金融は土日でもすぐにキャッシングができる

土日祝日には何かと用事があって出費も多くなりがちで、資金が足りなくてどうしても借りなければならないという事もあるかもしれません。

 

平日はなかなか時間がなくて申込ができないという人でも、消費者金融ならどこでも土日祝日に対応しています。

 

土日・祝日での即日融資申込み詳細はコチラ

 

消費者金融で休日にお金を借りるには

 

消費者金融はどこも原則年中無休で、年末年始だけお休みをしているというところがほとんどです。業者によっては有人、無人両方の店舗を持っている場合があって、有人店舗は平日のみの営業になっていますが、無人の店舗は間違いなく土日祝日でも営業しています。

 

審査の受付時間も平日と同じで、朝9:00から夜21:00までが審査の回答時間になっています。夜に申し込んで即融資を受けたい場合には、なるべく時間に余裕を持って申し込みをする方がいいでしょう。

 

最短で30分とは言いますが、場合によってはそれ以上に時間がかかる事がありますし、土日祝日の場合在籍確認に時間がかかる可能性もあります。ですからできれば夜20:00ぐらいまでには申込を済ませておくのが理想です。

 

申込方法は?

土日祝日であっても申込方法は全く変わりません。電話やインターネットはもちろん、自動契約機で最初から手続きする事もできます。オペレーター直通の電話が備えつけられているので、不明点があればすぐに聞く事ができるので安心ですね。

 

優先的に審査をしてもらいたいのであれば、最優先になるのはやはり自動契約機です。電話での申し込みも口頭で申告してそのまま審査になるので結果までが早くなります。

 

インターネットでの申し込みでも十分早く対応可能ですが、業者によっては急ぎの際は電話や契約機を推奨しています。申込時には個人の情報を色々と記入したり入力したりしなければなりませんので、ズムーズに手続きを行うためにも勤務先の住所や電話番号などがすぐにわかるように用意しておくといいですね。

 

審査回答まで

審査は始まると、本人確認のために個人の電話に担当者からかかって来ます。その間もコンピューター審査や在籍確認、個人信用情報のチェックなど様々な作業がスピーディーに行われます。回答まで待っている間に、本人確認書類などの提出物を準備しておきましょう。身分証明証としては運転免許証やパスポート、保険証で十分です。

 

自動契約機で申し込みをした場合には、契約機の中で回答まで待つ事になります。あまり居心地のいいものでもないので長く待つ事はしたくないかもしれません。そんな場合には電話やインターネットで申し込みをして回答を待った方が快適です。スマートフォンがあれば自宅でなくてもお店や車の中など、場所を選ばず声も出さずで手続きができるのでとても便利ですね。

 

審査が終わったら

審査が終わるとすぐに結果の報告があります。希望すればメールでの報告も可能ですが、通常電話がかかってきます。融資可能という事であれば後は実務的な事を行うだけですが、パソコンやスマートフォン、FAXを利用すれば提出書類も簡単に送信できます。操作が難しいなら自動契約機でオペレーターに方法を聞きながら書類を提出する事もできます。

 

カードを受け取る

土日の最大の特徴は、振り込み融資がほぼできないという事です。そのため即日借りるにはカードを手に入れなければならないので、最終的には自動契約機へ行く必要があります。

 

全ての手続きをインターネットで終わらせているのであれば後はカードを受け取るだけなので早いですし、審査の結果を聞いてから行くだけでも契約機で過ごす時間はかなり短縮する事ができます。

 

カードが発行されればもうキャッシングができますので、契約機にキャッシング機能がついていればすぐその場で使用できますし、24時間ATMが利用できるコンビニエンスストアなら時間を気にせずに借りられます。

 

場合によっては土日の振り込みも可能

土日の振り込みはほぼ不可能ですが、場合によっては可能な事があります。業者によっては楽天銀行の口座を持っていれば24時間すぐに振り込みができるサービスを提供しています。

 

そのためには申し込みの時点で楽天銀行の口座を持っていなければなりませんので、誰でも可能というわけではありませんが、もともと口座を持っているならば店舗でカードを受け取らなくても自宅で借り入れまでできてしまいます。

 

楽天銀行の口座開設には時間がかかり、土日にキャッシングを申し込むタイミングと同時に口座を新たに作る事はできませんので、確実にキャッシングをするのであればカードを受け取るという方法が一番です。

 

土日・祝日の即日融資カードローンの詳細はコチラ

 

土日の在籍確認

勤務先が土日はお休みだと、在籍確認の電話をかける事ができません。それでも消費者金融の場合は代わりの方法がありますし、小額の融資なら先行して貸してくれる事もありますので申し込みの際に相談してみましょう。

 

 

土日・祝日の即日キャッシングを比較

 

土日や祝日でも利用できる即日キャッシングについて人気のカードローン別に比較してみました。

 

会社別に条件が違ったりするので自分にとって使いやすいカードローンをコレを参考にして見つけましょう。

 

消費者金融

土日借入

借入方法

バンクイック

テレビ窓口にて最短40分程度で借入れ可能!

アコム

無人契約機「むじんくん」を使ってキャッシングカードの受取が可能!

プロミス

キャッシングカード必要なしのWeb完結で借入れ可能!

モビット

Web完結申込みでカード発行なしで利用が可能!

キャッシング会社を金利で選ぶ時

キャッシングをしたら、利息を払わなければいけません。利息が高過ぎて、元金が減らなかったらどうしようと考えてしまう人も多いのではないでしょうか。キャッシング会社の金利は、銀行に比べると確かに高めの設定となっていますが、分かりやすく簡単に毎月の返済がくを調べることが出来るようになっています。

 

  • 金利の見方について
キャッシング会社を選ぶ時に、少しでも低い金利のところを選ぼうと誰もが考えるものです。金利は、下限金利で選んではいけませ。下限となる金利は、高額の借り入れに適用される金利だからです。

 

金利でキャッシング会社を選ぶ場合は、上限金利が低いところを選ぶようにしましょう。利息が実際にいくらかかるのかについては、各キャッシング会社のサイトに、返済シュミレーションが設置されていますので、そこに金額や返済回数をいれると、毎月の返済額や金利を調べることができます。

 

低金利のカードローン業者はコチラ

 

キャッシング会社のメリット

キャッシング会社だと、銀行のカードローンよりも金利が高いというデメリットがあります。反面、手続きがスピーディーで、即日融資を実現しやすいというメリットがあります。それから、銀行のカードローンだと、口座開設が必須となるため、手続きが面倒だったり、審査に時間がかかるといったデメリットがあります。それに、自動契約機や専用ATMが街中などの沢山設置されているので、いつでも気軽に利用することができるのです。

 

何よりも、キャッシン会社は銀行のカードローンよりも営業時間が長く殆ど年中無休で営業しているというメリットがあります。週末や祝日に、急に現金が必要になっても、即日融資しやすいのです。銀行は、口座開設済だと手続きが簡単んで早いというメリットもありますが、取引履歴の痕跡が残りやすいため、誰にも知られずに借入したい人にとってはお勧めできめません。

 

その点、キャッシング会社は、本人確認の電話をメールにすることができたり、遅くまで自動契約機が営業しているので、仕事帰りにキャッシュカードを受け取って専用ATMからキャッシングするといったことができます。最近では、新規の借入に対して、30日間無利息サービスをしているキャッシング会社も増えているので、お得に借り入れができるようになっています。

 

それから、借入も返済もATMを利用することで、家族にキャッシンがバレないようすることができます。また、ネットの他に電話や自動契約機で申し込みすることができるので、パソコン操作が苦手な人でもテレフォンアポインターと一緒に手続きを行うことができます。

 

便利なアプリを利用する

キャッシング会社では、無料アプリを提供してますので、スマホからいつでも返済額の確認をすることができます。また、専用ATMの場所や営業時間も簡単に調べることができるのでお勧めです。

 

申込みの際に、アプリから申し込みをすると、簡単に本人確認書類の撮影や送信ができます。他にも、毎月の返済額をシュミレーションすることができる機能や、限度額の増額申請も行うことができます。

 

各カードローンの限度額についてはコチラ

 

各消費者金融の金利を比較

 

キャッシング選びの重要なポイントとなるのが金利です、ここでは知名度の高い各消費者金融の金利を比較してみました。

 

カードローン

金利

遅延利率

無利息期間

アイフル

4.5%〜18.0%

20.00%

あり

アコム

3.0%〜18.0%

20.00%

あり

プロミス

4.5%〜17.8%

20.00%

あり

モビット

3.0%〜18.0%

20.00%

あり

イオン銀行イオンアシストプラン

3.8%〜13.8%

19.8%

なし

イオン銀行カードローンBIG

3.8%〜13.8%

19.8%

なし

バンクイック

1.8%〜14.6%

4.6%〜14.6%

なし

新生銀行カードローン  レイク

4.5%〜18.0%

20.00%

 

あり

オリックス銀行カードローン

3.0%〜17.8%

借入残高に対し借入利率+2.1%

なし

三井住友銀行カードローン

4.0%〜14.5%

20.00%

なし

楽天銀行スーパーローン

3.0%〜17.8%

19.9%

なし

ノーローン

4.9%〜18.0%

20.00%

あり

キャッシング会社ではいくら借入できるのか

 

キャッシング会社で借入をする際には、借入できる利用限度額というものが設けられています。

 

利用限度額は、契約者の年収や雇用形態などによって異なります。

 

限度額について

キャッシング会社で、借入をし過ぎて返済が難しくなり、生活が破綻してしまう人が多発してしまうと、キャッシング会社の経営も立ち行かなくなります。よく、キャッシング会社で「最大800万円」などといった宣伝をしているのを目にしますが、あれは誰でも希望する金額を借入できるという意味ではありません。

 

キャッシング会社では、申し込み者の年収、雇用形態、勤続年数などの属性を審査した上で限度額を決めています。更に、信用情報機関で過去に事故情報を起こしていないか、現在他社借で借入があるのかなどについても精査しています。

 

審査方法

申込み時に入力した内容は、数値化されて素早くコンピューターに取り込んで処理されます。信用情報機関への照会も、コンピューターで瞬時に調べることができます。そのため、嘘を書いても事故情報があるとすぐに発覚して、審査落ちしてしまいますので、正直に記入することが大切です。

 

総量規制とは

総量規制は、個人向け貸付が対象となっています。年収の3分の1までしか借入ができないという法律が、総量規制です。じゃあ、住宅ローンなどの高額の買い物をする時は、どうしたらいいのか、と思われるでしょうが、それは総量規制対象外となっています。

 

また、銀行での借入は、総量規制の対象外となっています。では、年収300万円の人が100万円借入ができるのか、というとあくまでも限度額なので、新規契約でいきなり100万円借入するのは難しいこととなります。また、他社借入を含めて100万円以上となる場合は、収入証明書を提出することが義務づけられています。

 

100万円以下で借りられるカードローン情報はコチラ

 

限度額の決め方

申込みに申告された属性によって、限度額が決められます。そのため、公務員が最も属性が高いと言われています。安定した年収と、首になる心配のない安定した雇用状況が、無条件に限度額を高くします。年収が高くても、歩合制だったりすると限度額が抑えられてしまうことがあります。

 

他にも、賃貸での居住年数や既婚か独身かなどによっても変わってきます。他社借り入れがあっても、住宅ローンや自動車ローンのような高額ローンがある場合は、信用度が逆に高くなり、審査に通りやすいといったケースもあります。

 

利息の決め方

金利は、殆どの場合は、上限金利が適用されることが多いと考えておきましょう。しかし、キャッシング会社によっては、最初から10万円刻み、100万円刻みなどで、金利が決まっているところもあります。

 

また、追加で借入をしてもスライド方式で返済額と金利が変わらないというキャッシング会社もあります。50万円以下の借入をする場合は、金利18.0%のところが大半となります。しかし、延滞遅延金の場合は、殆どのところで、20.0%に設定していますので、支払いが遅くならないように返済日を管理する必要があります。

 

スライド方式にすると、トータルでの返済期間が長くなって、利息を多く払うことになってしまうので、気を付ける必要があります。金利は、銀行のカードローンの方が低く設定されています。しかし、銀行だと金利が低い分、審査が厳しかったり、銀行口座の開設が申し込みの必須条件となっている場合が多いので、即日融資が難しという面があります。

 

しかし、キャッシング会社だと、金利が高くても即日融資を実現しやすいというメリットがありますので、急ぎの時は銀行よりも有利に手続きを進めることができます。

 

各カードローン返済の方法をチェックする

 

借入について

借入できる額は、毎月無理なく返済できる額であることが絶対とされているために、総量規制が設けられています。限度額は、最初30万円であっても、借入・返済を真面目に繰り返していくことで、限度額を増額してもらうことができます。そのためには、最低でも半年以上は、返済遅延や延滞を起こさないことが条件となります。

 

優良顧客だというアピールをしてから、限度額の申請を行うことで、審査に通りやすくなります。限度額の増額申請は、改めて審査を行うこととなりますので、収入証明書などの必要書類の提出を求められたらすぐに提出できるようにしておきましょう。

 

借入れ限度額の決められ方についてはコチラ

 

 

各カードローンの限度額を徹底比較

 

カードローンの限度額は、会社によって異なります。ここでは知名度が高く利用者数の多い各カードローンの限度額について比較してみました。

 

カードローン

最高限度額

最低限度額

アイフル

500万円

1,000円

アコム

500万円

1万円

プロミス

500万円

1万円

モビット

800万円

1万円

イオン銀行イオンアシストプラン

700万円

30万円

イオン銀行カードローンBIG

800万円

30万円

バンクイック

500万円

10万円

新生銀行カードローン レイク

500万円

1万円

オリックス銀行カードローン

800万円

1,000円以上、1,000円単位

三井住友銀行カードローン

800万円

10万円

楽天銀行スーパーローン

800万円

10万円

ノーローン

300万円

1万円

 

毎月の返済がキツくなった時

毎月の返済は、毎月決まった日に返済していく約定返済の他に、いくつかの返済方法があります。他には、35日サイクルで返済する方法や、リボルビング払いといって、返済元本に応じて利息がかかる方法などがあります。通常であれば、約定返済が一般的ですし、返済日を管理しやすいです。

 

例えば、35日サイクルで返済していくと、次回の返済日が分からなくなって、返済遅延を起こしてしまう恐れがあります。それに、35日だとどうしてもリ素Kを多く払ってしまうことになります。顧客に便利な返済方法は、結局のところ、業者に利息を多く払ってしまうことになっているのです。早く完済するためには、なるべく多く返済していくことがポイントとなります。任意で返済することを心がけないと、いつまでも元金が減らない状態となります。余裕のある時や、ボーナスが出た時に、多く任意返済をして元金を減らしていくことで早く完済することができます。

 

リボルビング払いには、残高スライド式、定額方式、低率方式の3パターンがあります。一般的に知られているのは、残高スライド方式です。これは、追加で借入をしても毎月の返済額が変わらないという返済方法です。元金が減りにくいですが、毎月の返済額が大きくならないので、生活の負担にならないというメリットとデメリットがあります。

 

それから、最後の返済方法についてですが、ATMでは1,000円単位でしか返済ができないので、端数のある返済がどうなるのか気になるますよね。厳密には、完済したことにはならないのですが、書類上は完済となり、利息が発生することもないすですが、業者によって対応がまちまちです。どのような対応をしているのかについては、しっかりと問い合わせをして確認してみましょう。

 

 

 

返済期間はどうなっているのか

返済期間を長くすることによって、返済額を抑えることができます。しかし、実際には何年まで返済期間を延ばすことができるのでしょうか。好きなだけ返済期間を延ばすことができたら、利息だけ払って誰も真面目に返済しなくなってしまいますよね。

 

返済期間は、6年〜10年くらいで返済するように最大期間が決められています。少額の借り入れであれば、1年とか2年で返済できるといった返済計画をすぐに計画することができますが、借入金額が大きくなればなるほど、返済期間がどのくらいなるのか計画を立てるのが難しくなります。

 

カードローン会社によっては、無利息サービスを提供しているところもありますので、無利息期間中に返済してしまうという方法を取ることもできるでしょう。元利均等払いは、利息と元金を合わせた返済金額を毎月返済していく方法です。計画的に返済していくことができるというメリットがありますが、元金が減りにくいという性質があります。

 

それから、減菌均等返済は、毎月の返済額は一定となりますが、借入残高に利息をかけていくので、利息が毎月変動します。最初は、利息も借入残高も大きく感じますが、徐々に利息が小さくなります。利息を抑えたい場合は、利用日数を減らすことを考えましょう。

 

返済額の内訳の利息額を抑えて元金にあてる割合を増やしていきます。無理をして返済額を大きくすると、生活に負担がかかってしまいますが、スライド方式で返済額を抑え過ぎると、利息を多く支払ってしまったり、気が大きくなって追加で借入をしてしまうといったことになってしまいます。

 

返済額を大きくしてしまったばかりに、約定日に間に合わないといったことになると、遅延損害金を支払わなければなりません。そのようなことになtっては、意味がありませんので無理なく返済できるかどうかが重要となります。

 

返済遅延や延滞を繰り返してしまうと、限度額の増額を申請しても審査に落ちてしまったり、他社で借入をした時に審査に落ちるといったことになってしまいます。返済が遅れそうになった場合は、事前に担当者に連絡をして事情を説明し、いつまで返済することが可能なのかを相談しましょう。

 

連絡をしないで放置していると、信用を失ってしまうどころか、自宅や勤務先にまで督促の電話がかかってきます。誰にも迷惑をかけないためにも、毎月の返済は計画的に行いましょう

 

 

 

カードローンの返済額に注目

借入をする場合、少しでも金利の低い業者を利用したいと思うのではないでしょうか。しかし、賢くカードローンを利用するなら、金利だけでなく返済方法についても理解しなければいけません。金利が低くても返済方法がスライド方式だと、中々元金が減らなかったり、家計に影響してこないので、追加で借入をしてしまったりなど、結局多く利息を払ってしまうことになってしまうケースがあります。

 

銀行カードローンの中でお勧めしたいのは、新生銀行のレイクです。レイクは、キャッシング会社だった時のノウハウを活かしたスピード審査と、営業時間の長さなど、使い勝手の良さが魅力です。審査時間や自動契約機の営業時間に関しては、キャッシング会社よりも長くなっています。しかも、新規でレイクを利用する顧客にとって嬉しい180日間又は、30日間どちから選べる無利息のサービスなど、お得なサービスが用意されている魅力的なカードローンを展開しています。また、レイクならATM手数料が無料となっていますので、気軽のコンビニATMから借入・返済することができます。

 

例えばオリックス銀行のカードローンは、月々7,000円からの返済や、業界最低水準の3.0%〜17.8%の低金利が多くのユーザーから評価されています。このくらいの額であれば、毎月の返済に生活が圧迫されることもなく返済していけますね。300万円以下の借入は所得証明書の提出が不要となっているので、手続き方法も簡単です。振込融資は、いつでも即時に振込してもらうことができますので、わざわざATMに行かなくても、すぐに借り入れができます。

 

返済日が迫っているけど間に合いそうにない場合

返済の期日が迫っているのに、月々の返済額を用意することができそうもない場合は、どうすべきか知っていますか?将来のことを考えて、事前にコールセンターに電話をして相談することがベストな対応となります。貸付た相手から連絡が返済日を過ぎても連絡が来ないとなると、心証が悪くなりますし、信用情報機関に返済遅延として登録されてしまいます。

 

速やかに担当者に連絡をして、返済方法について相談し、いつまでに入金することができるのか、利息のみの返済でも構わないか等、事前に電話を入れておきましょう。また、各業者で返済日をお知らせしてくれるサービスやアプリが用意されていますので、事前にメールなどで返済日をお知らせしてくれるサービスに登録するなどしておくと、うっかり忘れてたということを防ぐことができます。

 

返済日が過ぎると、延滞遅延金がかかってきますし、返済をしないと借入ができなくなってします。また、連絡を怠っていると、スマホや自宅に電話がかかってきます。自分のスマホに連絡が入るだけなら誰にも迷惑がかかりませんが、自宅や勤務先にまで電話がかかってくるようになると、周囲に迷惑をかけることになってしまいます。そうならないように、早く返済することと、事前連絡をすることで信用してもらうことができるのです。

 

返済日を過ぎると、取り立て屋が自宅に押し掛けてきたり、悪質なビラやいたずら書きをされたり、といったイメージを想像して、連絡するのが怖いと思う方もいるのではないでしょうか。怖いからといって、無視をするのはよくありません。実際には、そういった取り立て方法は、違法行為とされています。催促する場合は、メールやメールまたは、郵送による督促状の送付となります。普通に、テレフォンアポインターのスタッフが対応しているので、電話をしたら怒鳴られるといったことはなく、淡々と対応してくれます。

 

返済遅延や延滞を繰り返していると、信用情報機関に登録されてしまいます。そして、他社で借入をしようと思った時に、審査で引っかかってしまい、審査落ちとなります。一度登録された事故情報は、数年間登録され続けますので気を付ける必要があります。車を買いたい、住宅ローンを組みたい、といった時に審査が通らなかったということが無いように、真面目に返済計画を立てて利用することが重要なのです。他にも、新規でクレジットカードを作る時にも審査落ちしてしまう原因となりますので、返済遅延の際は、真摯な態度で連絡を取りましょう。

 

返済負担を軽減する方法はコチラ

 

 

カードローン返済の比較

 

カードローンに申込むならやはり返済もお手軽に済ませたいものです。ココでは知名度の高いカードローンの返済を比較しまとめてみました。

 

カードローン

返済方式

最低返済月額

アイフル

元利定率リボルビング方式

4,000円〜

アコム

元利定率リボルビング方式

3,000円〜

プロミス

残高スライド元利定額返済方式

2,000円〜

モビット

残高スライド元利定額返済方式

4,000円〜

イオン銀行イオンアシストプラン

残高スライド元利定額返済方式

???

イオン銀行カードローンBIG

残高スライド元利定額返済方式

3,000円〜

バンクイック

残高スライドリボルビング方式

3,000円〜

新生銀行カードローン レイク

残高スライドリボルビング方式

元利定額リボルビング方式

3,000円〜

オリックス銀行カードローン

残高スライドリボルビング方式

7,000円

三井住友銀行カードローン

残高スライドリボルビング方式

10,000円

楽天銀行スーパーローン

残高スライドリボルビング方式

3,000円

ノーローン

残高スライドリボルビング方式

4,000円〜